たくさん筋トレすると筋肉がつく??

「脚の筋力を強くしたいんで、
 レッグプレスで100回
 トレーニングしているんですよ。」

※レッグプレスとは、
 主に太ももの筋肉を鍛えるマシンです。

それで、1セットに何回
行っているのか聞いてみると、
50回を2セットなど、
1セットの回数が多い。

さらに話を聞くと、
もっと回数を増やしたほうが
筋肉がつくと思っている。

しかし、筋力を強化したり、
筋肉をつけたいのなら、
回数をたくさん行うべきではない。

筋力アップや筋肉をつける(筋肥大)
には、ある程度の負荷が必要となる。

具体的には、

筋力なら、自分が持ち上げられる
最大の重さの90%程度。

筋肥大なら、自分が持ち上げられる
最大の重さの70~80%程度。

これを回数にすると、
筋力は4・5回、
筋肥大は8~12回となる。

最初に出てきたレッグプレスを
100回行っている人、

100回を2セットで分けると、
1セット50回、

倍の4セットで分けても、
1セット25回。

回数多すぎですよね。

「がんばっているのに
 筋肉がつかない・・・。」

回数が多ければ多いほど、
筋肉がつくイメージが
あるかもしれません。

しかし、
回数が多くなればなるほど、
むしろ筋肉はつきづらくなります。

たくさん回数を行っているなら、
負荷を増やして回数を減らしましょう!

適切な負荷(回数)を選ぶことで、
結果が出てきます。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。