膝の痛みを予防する筋トレ2

整形外科や整骨院でよく紹介される、
膝裏でタオルを押すトレーニング

 

「膝の痛みを改善し、自分の脚で
 スムーズに膝を気にせず歩きたい」

のなら、このトレーニングには
欠点があると前回お話しました。

 

欠点は何か考えていただけましたか?

 

わたしは、このトレーニングに、
2つ欠点があると考えています。

 

1つ目の欠点は【強度】です。

筋力の向上や筋肉をつけるには、
最大筋力の70~80%程度の
負荷を選ぶことが効果的です。

回数だと、10回程度しかできない
負荷を選ぶとよいでしょう。

 

しかし、タオル押しトレーニングは、
10回より多く、20回30回と
できてしまいます。

つまり、このトレーニングでは、
筋力の向上や筋肉をつけるには
負荷が弱すぎるのです。

 

もちろん、膝を手術したりなどで、
脚を全く使っていない人の場合は、
このトレーニングが、10回程度
しかできない場合もあります。

そのようなケースでは、
タオル押しトレーニングは、
筋力トレーニングとして
有効だと思います。

 

ただし、このトレーニングが、
20回、30回とたくさんの回数
できるようなら、別な方法を選ぶ
必要があります。

たくさん回数をやったから、
筋力がアップしたり、
筋肉がつくわけではありません

どのくらいの回数できるかを目安に、
負荷が適切かをチェックしてみましょう!

 

では次回は2つ目の欠点です。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。