膝の痛みを予防する筋トレ3

前回は、整形外科や整骨院でよく紹介される、
【膝裏でタオルを押すトレーニング】
の1つ目の欠点についてお話ししました。

今回は、2つ目の欠点です。

 

2つ目の欠点が何かをお話しする前に、
思い出してほしいことがあります。

それは、
どうやって歩いているかです。

 

イメージしてください。

まず、股関節と膝、さらに
足首を曲げて前方に脚を
振り出します。

 

次に、かかとの方から足裏が
地面に接地し、体が前方へ移動、
振り出した脚に体が乗ります。

さらに、体重を支えている方の脚で
地面を押して体が前に移動、
同時に反対側の脚が振り出されます。

 

これが、歩行時の
脚の大まかな動きになりますが、
膝痛を考えた場合、ポイント
となるのが、足裏がついて、
「片脚に体重が乗るとき」です。

 

膝の痛みを軽減するには、
「片脚に体重が乗るとき」に、
脚の筋肉で、体をしっかり
支える必要があります。

 

では、

【タオル押しトレーニング】で、
片脚に体重が乗ったときに、
体を支えられる充分な筋力が
つくかといえば”つきません”。

 

トレーニングの分け方で、
足裏を地面につかずに行う
OKC(オープンキネティックチェーン)と

足裏を地面について行う
CKC(クローズドキネティックチェーン)
というものがあります。

 

このふたつの大きな違いは、
【足裏をつく】=【脚に荷重をかける】
かどうかです。

先ほど歩行をイメージしてもらいましたが、
歩行や立ち上がりなど、日常生活の動作は、
脚に荷重をかけて行うものばかりです。

 

では、
【タオル押しトレーニング】は、
どうでしょうか?

”足裏をつかない”ですよね。

【タオル押しトレーニング】は、
歩行や立ちあがりなどに必要な、
太ももの前の筋肉を鍛えることが
できます。

 

しかし、足裏をつかないで
トレーニングするため、
太ももの前の筋肉は、
歩行などの日常動作とは、
違う使われ方をしています。

 

そのため、
タオル押しトレーニングを
一生懸命頑張っているのに、

「歩行時や立ち上がりや座るときの
 膝の痛みが緩和されない」

そんな結果になるわけです。

 

これが2つ目の欠点です。

日常動作で、膝に痛みが出ないように
したいなら、日常動作に近い動きで、
筋肉を鍛えることをおすすめします。

 

日常動作に近い動き=【足裏をつく
トレーニング方法】で、脚の筋肉を
鍛えましょう!

 

では、具体的にどんなトレーニング
方法がよいのか?

次回お話しします。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。