汗をかくと痩せる?

夏になると、薄着になるせいか、
“痩せたい”と思う方が増えますよね。

 

ところで、

「汗をたくさんかいて痩せよう!」

そんなことを考える人がいますが、
そもそも汗をかいて痩せると思いますか?

 

これは「痩せる」ことが、
その人にとってどんな状態を
イメージしているかによります。

 

【痩せる=体重減】

と考えている人なら、汗をかけば
その分だけ体重が減るので、
「痩せた」と喜びますよね。

 

でも、痩せたい人って、
どんなカラダを手に入れたいのでしょうか?

 

きっと、無駄な脂肪を減らして、
今よりも引き締まった体を
作りたいんじゃないですか?

 

もしも、それが目的なら

【体重減=引き締まった体】

とはならないので注意してください。

 

さきほどのように、汗をかいて減った体重は、
ほとんどが水分で、脂肪ではありません。

そのため、水を飲めばすぐに元通り。

 

汗をかいて痩せるというと、
ボクシングなどの格闘技選手を
イメージする思います。

 

彼らの中には、計量当日にサウナで
汗を絞り出し、3~5kgほど落とす人が
いますが、次の日(試合の)には
元にもどっています。

 

格闘技選手の脂肪のない引き締まったカラダは、
トレーニングと食事の結果つくられたものです。

汗を無理やり出してつくったものではないので、
お間違いなく。

 

無駄な脂肪を減らし、
引き締まった体を手に入れたかったら、
体重の増減に惑わされて一喜一憂する
のではなく、体脂肪が減っているかを
チェックしていきましょう!

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。