腰痛の原因はほとんど分からない?

腰痛予防プログラムを提供していると、
ちょくちょく出くわすのが、

「特に悪いところはありません」

と病院でいわれた人です。

 

本人は、痛くて病院に行っているのに、
レントゲンなどの画像診断で問題がないため、
医師よりこのように告げられたそうです。

 

実は、腰痛のうち痛みの原因を
特定できるのは15%ほどで、
残りの85%は原因が
よくわかっていません。

 

この原因がわからない腰痛を
非特異的腰痛“といいます。

 

非特異的腰痛は、痛みがあっても、
レントゲンやMRIなどの画像診断では
異常がないため、病院では
「特に問題なし」と診断される場合が
多々あります。

 

痛くて病院に行っているのに、
問題なしといわれても、
納得できませんよね。

 

「問題ないと言われても、
 じゃあなんで痛いの?」

と思うのが普通だと思います。

 

では、非特異的腰痛の痛みは、
何が原因なのでしょうか?

 

非特異性腰痛の多くは、
あるものが原因で痛みを
発していると言われています。

詳しくは次回。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。