無意識に痛みを増やしていませんか?

「こころとカラダはつながっている」

こんな話をされると、
信じられないかもしれませんが、
こころの状態は、実は体に大きな
影響を与えています。

 

例えば「痛み」

実は「痛み」を、気づかないうちに
自分で増やしている場合がよくあるのです。

 

詳しく説明します。

 

腰痛や膝痛、肩こりなど、
体に「痛み」がある場合。

こんなときは、どうしても
痛いところばかりに、
意識が集中してしまいますよね。

 

するとどうなるか?

痛いところに意識を集中してしまうと
その部分の筋肉に、余計な緊張を
生み出します。

 

すると、
———————————————-
(筋肉の緊張)→(血管収縮)→(血流が悪くなる)
→(酸欠状態)→(発痛物質生成)→(痛みの増加)
———————————————-

このような流れで、自分で筋肉の状態を
悪くして、痛みを増やしてしまいます。

 

意識を集中する場所を変えることで、
痛みを増やすことを防いでいきましょう。

 

でも、どうしても痛みがあると、
その部分に意識が集中してしまいますよね。

 

そんなときおすすめは、
動きに意識を向けることです。

 

「痛いけどここまでなら伸ばせる」
「前より曲がるようになった」

と、「痛くても動ける」または
「動きがよくなっている」ことが
分かると、気持ちも前向きになります。

 

是非やってみてください!

 

次回は、
「こころとカラダの関係」パート2として、
「感情とカラダ」についてお話ししていきます。

 

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。