○○でストレス解消する方法

心と体はつながっていて、
怒り、悲しみ、恐怖など、
マイナスの感情をいだくと、
無意識のうちに、
筋肉に緊張を生み出します。

 

そして、この緊張状態が続くと、
コリや痛みなど体の不調を
引き起こします。

 

このようなマイナスの感情の
悪影響を受けないためには、

うれしい、楽しいなど、
プラスの感情で心を満たせばよいのです。

 

しかし、毎日生活していれば、
ストレスを感じるような
嫌な出来事に出会うこともありますよね。

そんなときおすすめなのが、
呼吸を使ってリラックスする方法です

 

わたしたちのカラダには、
無意識に体の機能を制御している
自律神経というものがあります。

この神経は、呼吸、消化、体温調節、
血液循環、代謝など、生きる上で
必要な機能を調節しています。

 

自律神経には交感神経と
副交感神経があり、

「交感神経」は体を興奮状態にし、
「副交感神経」は体をリラックス
状態にします。

 

そして呼吸は、副交感神経を刺激して、
リラックス状態を作ることができます。

 

具体的には、
【ゆっくりとした腹式呼吸】
を行っていきます。

 

鼻から大きく深く息を吸い、
口からゆっくり長く吐き出す。

深く長い呼吸によって、
副交感神経が優位にし、
リラックス状態をつくっていきます。

 

さらに副交感神経を優位にしたかったら、
静かなテンポのゆるやかな音楽や、
心地よい香りも利用してみましょう。

 

例えば入浴後、
静かな音楽をかけて、
好きな香りのお香を焚き、
リラックスタイムをつくる。

 

ちなみに、サッカー選手日本代表の
長谷部選手は、寝る1時間前に、

ヒーリング系の音楽をながし、
お香を焚いてリラックスタイムを
つくっているそうです。

 

日常生活のストレスを軽減し、
緊張状態からおこるコリや痛みを防ぐため、

まずは『呼吸』から始めて、
『音楽』や『香り』も日常生活に
取り入れてみてください。

 

最後までご覧いただき、
ありがとうございました!