姿勢がよいのに腰が痛い?

一般的に
「姿勢が悪い=カラダに負担をかける」
と言われていますよね。

 

なのに、どう見ても姿勢がよいのに
“腰痛持ち”の方がいます。

どうしてだと思いますか?

 

実はこのような方は、
姿勢以外で腰に負担を
かけている場合が多いのです。

 

特に負担をかけているのが
“仕事”です。

 

重い物を持つ仕事の方は、
ふだんの姿勢がよくても、
どうしても腰に負担をかけることが多くなります。

このような方は、重いものを持つことに
耐えられる筋力を付ける必要があります。

 

仕事では、毎日同じ動作を
繰り返すことが多いですよね。

1回や2回は耐えられても、
その動作が1ヶ月、
1年と続いていけば、
腰への負担も積み重なっていきます。

 

腰に負担をかけるような仕事の方は、
運動で腰の筋肉をゆるめてケアするとともに、
筋力トレーニングで強化していきましょう!

 

ちなみに、私が提供している
“腰痛撃退プログラム”では、
腰に負担をかけない動作
教えています。

筋肉がつくまで、
ある程度時間がかかるので、
応急処置として動作の改善も
同時に行っているんです。

 

ただし、動作の改善で
負担をすぐに軽減できますが
限界があります。

何よりも、筋力強化が
効果的ですのでお間違いなく。

 

では次回は、
『重い物を持たないのに
腰に負担をかける仕事』
についてお話します。

実は、
“この仕事で腰痛になっている人”
が、現代は多かったりします。

 

あなたは大丈夫ですか?

詳しくは次回。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!