膝痛の人が間違いやすい筋トレのポイント

 

前回は、
「膝に負担をかけない体の使い方」
についてお話しました。

 

体の使い方、特に姿勢の崩れは、
日常生活の中で非常に長い時間、
筋肉や関節などへ負担をかけていきます。

 

そのため、姿勢や動作の分析が
できる専門家にチェックしてもらい、
姿勢や動きを改善しいくことが
膝痛を予防するために重要となります。

 

復習はここまで、では今回のテーマ
「筋力アップ」について話していきます。

 

膝が痛い方は、病院などで、
太ももの筋力アップ
すすめられると思います。

太ももの筋肉、特に前側の大腿四頭筋は、
膝関節の動きをサポートします。
※下のイラスト参照

 


photo credit:pg 206 Thigh Muscles / perpetualplum

そのため、この筋肉を鍛えることで、
膝への負担を減らすことができます。

ただし、”どうやって鍛えるか“が
非常に大切です。

 

具体的には、次の3つを
適切に選ぶ必要があります。

1:種目
2:負荷
3:頻度

 

まずは1つ目の【種目】。

種目は、”どのくらい動けるか
によって変わってきます。

 

たとえば、膝が痛くて体重を
まともにかけられない場合は、
脚に体重をかけない
トレーニング種目を行います。

また、体重はかけられるけど、
膝があまり曲がらない場合は、
膝をあまり曲げない種目を選びます。

 

このように個人個人のカラダの状況に
合わせて、トレーニング種目を選ぶ
必要があります。

そして、
状態が良くなってきたら、
種目を変える必要もでてきます。

 

特に、脚に体重をかけないで
トレーニングしていた人は、
膝の状態が良くなり、
体重をかけられるようになったら
種目変更が必要です。

 

生活の中では、「立つ」「歩く」「しゃがむ」など、
足裏を地面について動作することが
ほとんど
ですよね。

 

足裏をつき、脚に体重をかけながら行う
トレーニングでないと、こういった動作に
必要な筋肉はつきません。

 

少しづつレベルアップして、
種目を変えていくことが必要です。

 

さらに、太もも前側の筋肉だけでなく、
お尻や太ももの後ろ側など脚を動かす筋肉や、
姿勢を保持する筋肉も、膝の動きに関係してきます。

 

「膝痛い=太もも前側の筋力トレーニング」

ではなく、姿勢や全体的な動きをみて、
必要な種目を選ぶことが大切です。

 

では今日はここまで、続きは次回。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!