毎日筋トレしないほうが良い理由

 

前回は、「筋力アップ」のポイントとして、
負荷についてお話しました。

10回程度しかできない負荷で
2~3セットトレーニングすることが、
筋肉をつけるためには効果的です。

 

ただし、膝自体に痛みが出る場合は
注意が必要で、痛みのない範囲で
トレーニングしていくことが大切です。

 

では復習はここまで、今回は最後の
頻度】についてお話します。

 

トレーニングは「毎日行ったほうがよい」
と思うかもしれませんが、実際は

ある程度間隔をあけたほうが効果的です。

 

3ヶ月間様々な頻度でトレーニングを
行った研究があります。

 

その結果は、週2回が最も効果が高く、
次に週3回、週1回、2週に1回の順番となります。

 

この研究からも分かるように、
毎日ではなく週2回、さらに連続ではなく
間を空けてトレーニングすることが効果的です。

具体的には、2~3日間を空けるとよいです。

 

トレーニング自体で筋肉がついている
わけではありません。

 

トレーニングは、筋肉に負荷をかけ、
筋肉がつくスィッチをオンにしているだけです。

 

スィッチがオンになったら、
次は栄養や休養で、
筋肉を回復させる必要
があります。

 

毎日行ってしまうと、
この回復が追いつかなくなります。

適切な頻度で、トレーニングしていきましょう!

 

ちなみに、週2回を100%とした場合、
2週に1回(隔週)では約5%程度の
効果しかなっかたようです。

 

最低でも週1回はトレーニング
したほうがよいですね。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 


Dumbbells / bepositivelyfit