腰痛持ちが寒い朝気をつけること

8588250784_57595ccccd_z

10月になりましたが、
最近だいぶ涼しくなってきましたね。

特に朝晩は寒いくらい。

 

これからどんどん気温が下がっていきますが、
寒くなってきたら注意してほしいことがあります。

それは”起きる時“です。

 

寝ているときはほとんど動かないため、
筋肉が動きづらくなっているのですが、
気温の低下から動きがさらに悪くなっています。

 

そんな状態で急に上体を起こしたら、
腰への負担は大です。

 

特に腰痛持ちの方は、寒い時は急に体を起こさず、
布団の中で少し動いてから起きるようにしましょう。

 

簡単な方法を2つ教えますね。

 

◆1つ目は『寝たまま足踏み』

目が覚めたら、仰向けのまま
つま先を片方ずつ倒し足踏みします。


ポイントは”腰も動かす“ことです。

つま先が倒れた側の腰が、足先へ動きます。

足踏みしながら、腰のあたりの筋肉を
ゆるめていきましょう。

 

◆2つ目は『膝倒し』

寝たままで両方の膝を立て、
左右へゆっくり倒します。


ポイントは”ゆっくり小さく”です。

いきなり速く大きく動かすと、
逆に腰へ負担をかけます。

ゆっくり小さく、少しずつ大きく動かし、
さらに腰周囲をゆるめます。

 

「寝たまま踏み」→「膝倒し」の順番が
おすすめです。

 

寒い季節は、いきなり起き上がると
腰に負担をかけます。

 

一日にのスタートダッシュは、
まずは布団の中から行ってみてください。

 

最後までありがとうございました。

 

credit:Sleeping / Tobyotter