これだけは知っておきたい体幹トレーニングのポイント!

 corework

前回は、流行の体幹トレーニングの、
問題点をお話しました。

 

簡単にまとめて説明すると、
体幹トレーニングで、
カラダを硬めて使う方法が
身についちゃうと、

スムーズに動けない
     ⇓
運動の連続性が絶たれる
     ⇓
一部分に負担をかける
     ⇓
痛みや違和感が出る

こんな危険性もあるわけです。

 

ではどうしたらよいのか?

体幹全体を固めるトレーニングだけはなく、
体幹を安定させながら手足などを動かす
種目を入れていきます。

 

とその前に、前回お話した
体幹トレーニングでキーとなる
腹横筋」について知る必要があります。

 

なぜなら、この筋肉の特性を知らないと、
正しい体幹トレーニング“ができないからです。

 

まず腹横筋が、どういったものかを
見てみましょう、下のイラストをご覧ください。

腹横筋

 

 

 

 

 

イラストを見ると腹横筋は、
お腹まわりをぐるっと取り巻いている
のがわかると思います。

 

このような形状から、腹横筋が収縮すると、
コルセットのように体幹を安定してくれる
わけです。

 

でも、全体的に収縮したら、
体幹部分動かないですよね?

 

しかも、上部は肋骨にもくっついているので、
呼吸にも影響してきます。

 

呼吸と肋骨の動きは深く関係しています。

息を吸うと肋骨が開き、
吐くと元に戻ります。

 

ためしに両手を肋骨に当てて、
深い呼吸を行ってみてください。

肋骨の動きを感じることができますよね。

 

しかし、腹横筋を強く収縮させてしまうと、
この呼吸による肋骨の動きを制限してしまうんです。

 

腹横筋をがっちり固めると、
ただ動きが悪くなるだけでなく、
呼吸もしづらくなるわけです。

 

では、どうすればよいかといえば、
腹横筋を部分的に使えるようにしていきます。

 

特に呼吸と関係のある上部は、
収縮と弛緩ができるよう、
締めすぎないようにします。

 

そして、骨盤や腰椎の安定に
関係している下部は、
収縮させて使うようにしていきます。

 

具体的には、”おへその下辺りを締める
ようにするとよいです。

腰が安定し、力も入りやすくなります。

 

武道の世界には【丹田】という言葉がありますが、
わたしはまさしくこのことを指していたんじゃ
ないかと思っています。

 

武道の世界では、一瞬のするどい動きが
要求されます。

体幹部をがっちり固めたら、
こういった動きはできないですからね。

 

「締めるところは締める、緩めるところは緩める」
ムダに力を入れないことがポイントとなります。

 

では本題の「体幹を安定させながら
手足などを動かす種目」ですが、、、
長くなったので次回お話します。

ちなみに正しい体幹トレーニンを
行ってみたい方はこちら!

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

credit: sazztastical