結果を出すために誰を選びますか?

selection-64197_640

前回は、運動を続けるために
「人を巻き込む方法」として
身近な人に宣言する】を
お伝えしました。

 

また、【身近な人に宣言する】
には2つのポイントがあります。

 

1つ目のポイントは、あなたの身近な人に
期限と達成する内容を明確に伝える
ことでした。

期限と達成内容を明確にすれば、
それだけ目標達成の確率がアップします!

 

では今回は、2つ目のポイントです。

2つ目のポイントは、
宣言する相手を選ぶ」です。

 

なぜ、宣言する相手を選ぶかというと、
相手によってあなたのやる気の度合いが
全然変わってくるからです。

 

たとえば、”たまに会う友達”に宣言した場合と、
“尊敬している上司”に宣言した場合を
イメージしてください。

 

友達の場合は、結構軽い気持ちで
宣言できるし、

できなくても何も言われないだろう
という甘えが、少なからずはたらきませんか?

 

一方、尊敬している先輩の場合は、
軽い気持ちでは宣言できないし、
宣言したからには「絶対やる
という気持ちになりませんか?

 

このように、宣言する相手によって
やる気には差が出てきます。

 

絶対逆らえない人、
がっかりさせたくない人、
バカにされたくない人、、、

宣言するときは、
やらないわけにはいけない人
を選びましょう。

 

では次回は、運動を続けるために
「人を巻き込む方法」としての
2つ目をお伝えします。

 

2つ目の方法はさらに強力です。

運動を続けるだけでなく、
結果を得るためにも
非常に有効な方法です。

 

詳しくは次回。

最後までお読みいただき
ありがとうございました!