猫背のタイプ!

cat-360807_640

前回は、
「猫背かどうかのチェック法」
をお伝えしました

 

そして最後に、

猫背の人が背筋を伸ばすだけ
 の方法は効果的ではない

と、お話しました。

 

では、

どうして背筋を伸ばすだけだと、
ダメなのか?

今回は詳しく説明していきます。

 

前回の猫背の人のイラストを
もう一度見てください。

不良姿勢
いい感じに背中が曲がっていますよね。

 

ここで上半身だけでなく、
もう少し下に目を向けてください。

腰の部分が結構丸まっていますよね。

 

実は、猫背の人は上半身だけでなく、
下半身がくずれている場合も多く、

そこにアプローチしない限り、
いくら背筋を伸ばしても、
猫背は効果的に改善できないのです。

 

よく考えてみてください。

家が傾いているからといって、
柱を真っ直ぐになおしても、
土台である基礎が傾いていたら、
根本的な問題は解決されないですよね。

 

もう一度繰り返しますが、
猫背には、上半身だけでなく、
下半身にもアプローチしない限り、
根本的な改善はできないのです。

 

では、どうやってアプローチ
していくのか?

 

下半身といっても、
足・膝・股関節、そして骨盤と
さまざまな部分がありますが、

今回は骨盤の位置にしぼって
アプローチ法をお伝えします。

 

下のイラストを見てください。

不良姿勢2
左のタイプは、腰が後ろに移動し、
さらに後へ倒れています
骨盤後傾)。

右のタイプは、腰が前に移動し、
さらに前へ倒れ反り腰に
なっています(骨盤前傾)。

 

アプローチ法は、、、、

縮まって硬くなっている部分は、
ストレッチなどで緩めます。

伸びて緩んだ部分は、
筋力が弱くなりやすいので、
筋トレで刺激を与え強化していきます。

 

ここで注意して欲しいのは、
さきほどの2つのタイプは、
アプローチ法が真逆になることです。

 

そのため、しっかりタイプを
見極めて、タイプに合った
アプローチ法を選ばないと、

効果が出ないだけでなく、
姿勢の崩れを悪化させる
ことにもあります。

 

では、具体的なタイプ別
アプローチ法はというと、、、

 

詳しくは次回お話します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。