猫背改善ストレッチ

前回は、

「猫背を直そうと背筋を伸ばしても、
 カラダの前側の筋肉がかたくなっていては、
 きつくてその姿勢を維持できない

 まずは、前側の筋肉、特に胸の筋肉を
 ゆるめる必要がある」

とお話しました。

 

今日は具体的に、筋肉をゆるめる
方法をお伝えします。

 

胸の筋肉が硬くなると、
肩が内側に巻き込まれるようになります。

 

このような姿勢は、
猫背で見た目が悪いですが、

それ以外にも、呼吸が浅くなって
疲れやすくなったり、眠りが浅くなる
場合もあります。

 

快適なカラダを維持するためにも、
今回紹介する方法を実践してみて
ください。

 

では具体的な方法です。

胸の筋肉と一言で言っても、
胸にはいくつかの筋肉があります。

 

その中でも、小胸筋と大胸筋を
ゆるめるストレッチを紹介します。

 

小胸筋のストレッチ

1:壁かテーブルに肩幅、または
  それよりやや広めで手をつく

2:お腹を締めて上半身をまっすぐにする

3:息を吐きながら、上半身をまっすぐ
  にしたまま、お辞儀をするように
  カラダを沈める
 (頭とお尻を引き離すイメージで行う)

4:一番下で3つ深呼吸を行う

※肩に痛みが出る場合は中止してください

 

大胸筋のストレッチ

1:両手を後ろで組む

2:肘を伸ばす
 (可能なら手をお尻から離す)
 
3:大きく息を吸って胸を開き、
  吐いて肩を落とす
 (肩を後ろに引いて肩甲骨を寄せる) 

4:3の状態で3つ深呼吸を行う

※肩に痛みが出る場合は中止してください

 

以上がカラダの前側、
胸の筋肉のストレッチです。

 

猫背を改善するためには、
胸以外にもゆるめたほうがよい
筋肉がありますが、

まずは胸の筋肉をゆるめてみてください。

 

ストレッチには、リラックス効果が
あるので、寝る前に行うと、
睡眠に良い影響があります。

ぜひ、今晩寝る前に行なってくださいね。

 

では次回は、【背筋の伸ばし方
についてお話します。

 

多くの人が、背筋を伸ばそうとすると
ある部分ばかり使ってしまっているため、
きれいな姿勢を維持することができません。

きれいな姿勢を維持するためには
“ある部分”を意識する必要があります。

詳しくは次回。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。