猫背で背筋を伸ばす正しいやり方

2623273249_42e1d9e78c_o

前回はカラダの前側、
胸の筋肉のストレッチ】を
ご紹介しました。

実践していただけましたか?

 

では今回は、いよいよ
丸まった背中を伸ばし、
姿勢を整えていきます。

 

ここで質問です。

丸まった背中を伸ばすというと、
どこを意識して使いますか?

 

おそらく、

「背中の筋肉を意識して
 背筋を伸ばす」

という答えが多いと思います。

 

もちろん、猫背で丸まった
背中を伸ばすためには、
背中の筋肉を使います。

 

ただし、

それとは別の部分を意識することで、
より効果的に、しかもより楽に、
きれいな姿勢を維持することが
できるのです。

その部分とは、お腹の奥の筋肉
腹横筋】です。

 

腹横筋は、このブログで
何回か紹介していますが、
お腹まわりをベルトのように、
ぐるっと取り巻いている筋肉です。

この筋肉がしっかりはたらくことで、
腰のあたり、さらには背筋も自然と
キレイに伸びていきます。

 

では、腹横筋を意識して使う、
エクササイズを行ってみましょう。

イスに浅めに座り、おヘソの下辺りに
両手を重ねておいてください。

息を大きく吸い、次ぐに「ハーッ」と
すべて吐き出してください。

吐ききる辺りで、おヘソの下あたり、
お腹の奥に力がはいるのを感じると
思います。

 

これが腹横筋に力が入った感触です。

もし意識しづらい場合は、
膝を立てて仰向けに寝て
行ってみてください。

 

このエクササイズの注意点は、
息を吐いたときに体を丸めない
ことです。

体が丸まると、お腹の表面の筋肉、
腹直筋に力が入ってしまっています。

体をまっすぐにキープしたまま、
息を吐き、お腹の奥をしめて
いきましょう。

 

きついズボンをはく」ときのように、
お腹を使おうとすると、腹横筋を
上手く使えると思います。

ぜひやってみてください。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

credit:what good posture u have! / jessica mullen