パーソナルトレーナーとして大切にしていること

こんにちは、
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

わたしがトレーナーとして、
大切にしていることがいくつかあるのですが、

その中でも今回は、”自分のトレーニング
について書いていきます。

 

お客様にトレーニングを提供するにあたり、
わたしたちトレーナーは、様々な知識を
吸収していきます。

ただ、知識を実際にサービスに
活かせるかといえば、それは別問題です。

 

ここで質問ですが、
知識」と「知恵」の違いをご存知ですか?

広辞苑で知識と知恵を調べると、
以下のように出てきます。

 

【知識】
ある事項について知っていること。
また、その内容。

【知恵】
ものごとの理を悟り、適切に処理する能力。

 

つまり、知識は内容を
知っているだけ“のレベルで、

知恵は知っている内容を
応用し活かせる“レベル。

 

わたしたちトレーナーに必要なのは、
「知識」ではなく「知恵」です。

 

ではどうやって、知っている内容を
応用し活かせるレベルまで引き上げる
ことができるのか?

それは「実践すること」です。

 

どんなにトレーニングの知識を持っていても、
それを使いこなせなくては意味がありません。

そして、使いこなすためには、
実際にトレーニングして使ってみること
(=実践)が必要だと、わたしは思っています。

 

自分自身がトレーニングすることで、

「このトレーニングのポイントはどこか?」

「どうやったら目的の部位を意識しやすく
 できるのか?」

「どこの動きが難しく間違いやすいのか?」

などを体感し学習することができます。

 

この学習は、本を読んだだけでは
得られないもので、知識を知恵へと
レベルアップさせる力を持っています。

「日々トレーニングを続けることで、
 自分の体を通して知識を知恵に、

 そして、知恵を使ってお客様に
 よりよいトレーニングを提供していく」

こんなことを思いながら、
わたしは、自分のトレーニングを
行っています。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。