トレーニングしたらいいってわけじゃない

training

「ヒップアップを目指して、
 お尻のトレーニングをしているのに、
 太ももの後ろばかりきつくてつりそう、
 お尻使っている感じが全然ない、、、、」

こんな話を聞くことがあります。

 

「同じトレーニングを行っているのに、
 Aさんは使っている感覚があって、
 わたしにはない。」

こんな話も聞きますが、
この差ってなんでだと思いますか?

 

実は、普段の姿勢や動きのクセから、
上手く使える筋肉と使えない筋肉が
出来てしまっていることが原因なのです。

 

特に女性は、ヒールのある靴をはく習慣があると、
お尻が使いづらくなっている場合が多いです。

 

しかも、お尻の代わりに、太もも(特に前側)が
使いやすいので、たくましい太ももになって
いたりします。

 

このような方が、お尻のトレーニングをしても、
お尻じゃなく太ももばかりに刺激がいくので、
ヒップアップどころか、さらに脚がたくましく
なってしまいます。

 

せっかくがんばってトレーニングを続けても、
効果が出ないどころか、求めていない部分
筋肉がついたら嫌ですよね?

 

「猫背を改善したい」
「ヒップアップしたい」
「お腹を引き締めたい」


正しい方法でトレーニングすれば、

理想の体を作ることができます。

でも、間違った方法で行っていたら、
望まない体を手に入れてしまうこともあります。

 

自分ではちゃんとやっているつもりだけど、

「目的の部位が使えている気がしない」

そんなときは、ズレている可能性が高いです。

 

ただし、自分では、どこがズレているのか
わからない場合が多いです。

なぜなら、同じトレーニングでも、
微妙なカラダの位置や動かし方で、
刺激を与える部位が変わるからです。

 

この微妙な差は、
トレーニングの知識がないと
分からないです。

 

「正しい方法でカラダを変えたい!」

と思っていても、知識がないなら、
自分ひとりでやっていても、
理想の体は手に入れられません。

 

残念な結果になる前に、
専門家の手を借りてくださいね。

 

ちなみに、わたくしシシドの
パーソナルトレーニングはこちらです。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。