ヒトノチカラ

support

今日はわたしの昔の話を
したいと思います。

 

わたしは20代の頃、
あるスポーツの選手を
やっていました。

 

わたしがやっていた競技は、
サッカーや野球と違い、
一対一で試合が行われる
個人競技でした。

 

個人競技というと、
自分の力で戦うイメージが
強いと思いますが、

ヒト(他人)の力が及ぼす影響は、
非常に大きいんです。

 

試合というと、表舞台ばかりが
クローズアップされますが、

試合場に立った時点で、
実は、ある程度の勝敗は
決まっています。

どういうことかというと、、、

試合までにどれだけの準備(=練習)
ができたかで、ある程度の結果は
決まっているのです。

 

そうはいっても、
試合に向けての練習はハードで、
途中で辞めたくなることも
ありました。

 

そんなとき、わたしが
どうしていたかというと、

「勝ったときの仲間の喜ぶ顔」

を、思い出していたのです。

 

「試合で勝って、仲間の喜ぶ顔が見たい、
そのためには目の前の練習をがんばる!」

そう自分に言い聞かせて、
ハードな練習を乗り越えていました。

 

もちろん、

「自分が勝って喜びたい」

気持もあったと思います。

 

でも、自分だけにしか
目が向いていなかったら、
ハードな練習に挫けることも
多々あったと思います。

 

いろんなタイプの人がいるので、
全員に当てはまるわけではないでしょうが、

「自分のため」だけではなく、
「応援してくれる仲間のため」のほうが、
大きな力を発揮する人が多い

そうわたしは考えています。

 

トレーニングというと、
きついことも苦しいことも
必ずあるわけで、

挫けて投げ出したくなることも、
あるでしょう。

 

でもそんなとき、

あの人がいたから乗り越えられた

そう思っていただけるよう、
トレーナーとして支えていきたいです。

 

本気でカラダを変えたい方、
全力でサポートさせていただきます!!

パーソナルトレーニングついてはこちら

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

credit: Lotus Carroll