あなたはあきらめますか?

portrait-317041_640

昔わたしが首のヘルニアになったとき、
お医者さんからこんな話をされました。

「もう、今やっているスポーツは
 やめたほうがよい」

 

たしかに、
わたしがやっていたスポーツは、
首に負担をかける動きがあったので、
やめたほうがよいのは理解できました。

 

ただ、

わたしは選手だったこともあり、
あきらめることができませんでした。

 

そんなとき、
知り合いのトレーナーから、
姿勢や動きの改善で、
首に負担をかけない方法が
あることを教えてもらいました。

早速この方法に取り組みました。

また、ヘルニアの神経障害で
どんどん落ちていく筋肉は、
筋力トレーニングで維持しました。

結果、再び復帰し、
試合にも出られるようになりました。

 

あのときのお医者さんの話は、
確かに正しい判断だったと思います。

でも、あきらめなくてよかったとも
思っています。

 

腰痛でわたしのところに、
トレーニングにくるお客様の中には、

「加齢によるものですから、、、」

と、お医者さんに言われた方が
結構いらっしゃいます。

 

加齢っていわれても、
自分でどうにかできるかといえば、
できないですよね。

 

この話を聞くたびに、
「加齢」という言葉の中に、
「どうすることもできない」という、
あきらめムードを感じてなりません。

 

でも、運動によって、
今よりも状態をよくすることは、
ほとんどの方で可能です。

 

なぜそう言えるのかといえば、
普段の姿勢や動きで、
腰に負担をかけている場合が
多いからです。

 

そして、姿勢や動きを、
運動によって改善すれば、
腰への負担を減らすことが
できるのです。

 

「加齢と言われても、
 あきらめないでください」

もうだめなんだとあきらめて
運動をしなくなると、
一気に筋肉が落ちていき、
腰痛が悪化していきます。

 

ヘルニアなど、腰痛になってから、
今までできていたことができなく
なっている方も多いと思います。

わたしのようにあきらめられない方、
これ以上腰痛を悪化させたくない方、
お待ちしています。