股関節の痛み

girl-504315_640

「またごうとするときに痛い」
「ずっと立っていると痛い」

こんあふうに、股関節の痛みを
訴える方がいらっしゃいます。

では、なぜ痛いのかといえば、
股関節がスムーズに動かないため、
痛みを感じている人が多いです。

スムーズに動かない理由としては、
股関節まわりの筋力や柔軟性の
バランスが崩れていることが主です。

特に女性の場合、
内股でいる人って多いですよね。

こういう人は、
内側への柔軟性はあるけど、
外側への柔軟性はない場合が
結構あるんです。
(内股になれるけど、がに股はできない)

さらに内股でいると、
お尻の後ろ側の筋肉などは、
いつも伸ばされて弱くなって
いきます。

すると、ヒップが落ちきたり、
見た目にもマイナスになります。

普段の姿勢が筋肉に与える影響って
大きいんです。

 

ちなみに、内股の人は、
本来膝が正面を向くべき時でも、
内側に向いてしまったりします。

こういった使い方をしていると、
膝に少しずつ負担が蓄積され、
やがて痛みが起きてきます。

また、内股の人は、
反り腰になりやすいので、
腰へも負担をかけます。

人間の体は、それぞれが
影響しあっているので、
一個の崩れがいろんなところへ
悪さをするんです。

腰痛と股関節痛、
または膝痛と股関節痛を
持っている方は、

もしかしたら股関節が
痛みの主な原因かもしれません。

腰痛だから”腰”
膝痛だから”膝”

こういった目線でいると、
雑草の葉っぱばかりとる形になるので、
根っこは残ったままです。

全体のバランスを見て、
対処することが大切です。

ちなみにわたしが、
トレーニングメニューをつくるときは、

腰痛や膝痛でも、頭から足の位置まで、
全身をチェックしています。

 

股関節痛にも対応していますので、
ご興味ある方はこちらを御覧ください↓

パーソナルトレーニング

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。