デスクワーカーで肩こりがひどい人へ その2

Staff in Woodlands office, Bedford, February 2010.

デスクワーカーで
肩や首のこりに悩む人は、

姿勢を変えなければ、
 いくらマッサージに通っても
 改善しません

と前回お話しました。

 

では、どうやって姿勢を
変えたらよいのか?

今回は具体的な方法を
お話します。

 

まず姿勢の説明からすると、
上の写真の女性ように、

頭が前に出て背中が丸まっている
猫背姿勢を変えていかなくては
いけません。

 

あなたならどうやって猫背姿勢を
変えますか?

猫背姿勢を変えようと思うと、
胸を張ろうとしますよね?

でもこの方法だと、
正しい姿勢を維持するのが
きつい場合が多いんです。

 

なんでかというと、
カラダの上の方ばかりに
目がいってしまっているからです。

 

ポイントは骨盤

土台である骨盤が
正しい位置にないと、
いくら胸を張っても
猫背は改善されないんです。

 

特にイスに座ると、
浅く腰掛けてしまい、
骨盤が後に倒れている方が
非常に多いです。

このような座り方は、
猫背を簡単につくるので、
注意しなくてはいけません。

 

デスクワーカーの方が
猫背を改善するには、
以下のステップで
姿勢を整えてみてください。

——————————–

◆ステップ1:イスに深く座る

深く座るとことで、
猫背をつくりづらくします。

◆ステップ2:骨盤を立てる

お尻の下に出っぱっている骨が
2箇所あると思いますが、
骨盤を立ててそこに体重をかける。

◆ステップ3:腰の後ろに隙間

腰の後側と背もたれの間に、
指先が入る程度の隙間をつくる。

◆ステップ4:胸を開く

肩を後ろに軽く引きながら
回してリラックスし胸を開く。

◆ステップ5:アゴを引く

正面を見て顔を壁と並行にしたまま
二重アゴをつくるようにアゴを引き
そこから首をリッラクスし少し戻す。

さらに、パソコンのモニターを見る場合は、
軽くアゴを引いたまま目線を落とす。

——————————–

以上の5つのステップで下のような
横から見ると、真っ直ぐな姿勢が
つくれます。

 

正しい座り方

 

この姿勢は、首や肩、さらに腰への
負担が減ります。

デスクワーカーの方は、
ぜひやってみてください。

 

ただし、

いままで猫背でいた方は、
この姿勢がきつい場合も
多々あると思います。

そのような場合、”あるグッズ”を使うと、
楽に姿勢を維持することができます。

詳しくは次回!

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

credit: Highways Agency