デスクワーカーが明らかに運動したほうがよい3つの理由

デスクワーカー

デスクワーカーの方は、
仕事中ほとんどの時間、
イスに座ってますよね。

さらに、電車や車で通勤し、
家に帰ってもソファでテレビ、、、。

 

こういう生活は、
一日の大半座っていますよね。

そんな座りっぱなしともいえる生活は、
カラダにどんな影響があるのか??

 

座る時間が長くなると、
さまざまな悪影響が出てきますが、
特に注意したほうがよい物を
3つご紹介します。

 

1:脚や体幹の筋肉が弱る

座ることで脚や体幹の筋肉に、
充分な刺激がいかなくなります。

そして、座る時間が長くなればなるほど、
筋力が低下して、

  • 歩くとすぐ疲れる
  • 姿勢が崩れて猫背になる
  • 腰痛になる
  • 肩がこる

などの弊害が出てきます。

知らず知らずにうちに筋力が弱るのは
怖いですね。

 

2:生活習慣病になりやすくなる

座った状態が長いと、
善玉コレステロールが減ったり、
糖尿病にかかるリスクが増えたりなど、
生活習慣病にかかる危険性が高くなります。

ちなみに、座る時間が長い人は、
死亡率も高くなるとの研究結果もあります。

 

3:太りやすくなる

アメリカで、1980年から20年間、
運動している人の割合は変わらないのに、
肥満の人は倍になりました。

食事の影響もあると思いますが、
イスに座っての仕事が増えたのも、
肥満が増えた原因と言われています。

 

以上の3つから、座る時間が長い生活は、
姿勢が崩れて猫背で見た目も悪くなるし、
疲れやすく、肩コリや腰痛にもなりやすい。

さらに生活習慣病になるリスクも高い、、、。

 

いいことなしですが、仕事をすぐに
変えるわけには行きませんよね。

生活の中に、運動する機会を
増やしていきましょう!

 

ちなみに、パーソナルトレーニングでは、
お家でもできるメニューを提供しています。

一日15分運動するだけでも、
カラダは変わっていきます!

ご興味ある方はこちら↓
パーソナルトレーニング

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

foto credit: Maxime Raphael