なんで右側ばかり痛くなるのか?

15136992365_f9c5012c50
「膝に股関節、
 いつも右ばかり痛くなるんです」

そんな相談を受けることがありますが、

このような方のカラダをチェックしてみると、
反対側(この場合が左側)が
問題となっていることがよくあります。

たとえば、
筋肉のアンバランスから、
左の骨盤の位置が崩れ、

その影響から、
膝が内に入りやすくなり、
足のアーチもつぶれ
偏平足気味に。

すると、

左脚に体重をかけづらくなり、
右脚に自然と体重がかかり
やすくなる。

こんな状態が続くと
どうなるかといえば、

右脚の負担が増え、
膝や足首、股関節の
違和感や痛みが出てくる
可能性が高くなります。

 

「いつも右膝ばかり痛くなる」

こんな方は、右膝だけ治療しても、
根本的な改善にならない場合が
多いと思います。

カラダ全体を見て、
「どうして右膝が痛くなるのか?」
を考える必要があります。

痛みだけ何とかしても、
雑草の葉っぱだけとっている
のと同じですからね。

根っこ(=痛みが出た原因)は
取り除いていないので、
また葉っぱ(=痛み)が出てきます。

いつも同じ側ばかり痛くなる人は、
姿勢をみてもらうなど、
カラダ全体のチェックを
受けてみてください。

ちなみに、
片方の靴ばかり減る
って場合も注意が必要です。

 

このような場合、
片方ばかりに負担が
かかっている可能性大です。

いずれ痛みが出る可能性も
高いです。

 

「わたしは大丈夫かな?」

そう思った方は、
ぜひパーソナルトレーニングで、
チェックしてもらってください。

いままで気がつかなかった
姿勢や動きのクセが見つかりますよ!

パーソナルトレーニングはこちら

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

credit: bobbi vie