日本人を元気に!

sunset-583933_640

わたしたちパーソナルトレーナーなど、
運動にたずさわる人にとって
「人々を元気にさせたい」
そんな想いを持っている方が
多いと感じています。

元気かどうか判断する指標はというと、
わたしの中で

快適に動けるカラダ」そして
いつまでも自分の脚で生活できること

をひとつの指標としています。

日本人の健康寿命と平均寿命の間には、
男性で約9年、女性で約12年あると
言われています。

つまり、長生きしても、
男性で約9年、女性で約12年、
自分の脚で自由に動けず
“介護生活”になるわけです。

要介護認定者数は、
2014年10月に600万人を超え、
600万2000人となりました。

要介護認定者数は、
制度発足当初の2000年には
218万人でしたので、

約15年で2.75倍に増加した
ことになります。

介護となると、
家族に肉体的、精神的、時間的、
そして経済的など、様々な負担を
イヤがおうにもかけることとなり、

「できれば介護を受けたくない」

とだれもが考えると思います。

では、わたしたちトレーナーのような
運動にたずさわる者たちはどうすれば、
いつまでも自分の脚で歩ける人々を
増やすことができるか?

わたしたちトレーナーが、
運動でできることは、
いろいろあると思いますが、

わたしはこの方と同じ考えです。
https://www.facebook.com/shimadakou

わたしもこの方と同じ想いで
日々活動しています。

ご賛同いただける方、
以下のリンク先のページの一番上、
女性がバーベルを担いでいる画像
の中にある「いいね!」を
クリックして
みてください。
(わたしも「いいね」しました)

https://www.facebook.com/shimadakou

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。