ヒトからではなく自分から

 road-363265

わたしは活動先で、

「トレーニングしませんか?」
と、ジム会員様に声を
かけることはありません。

 

また、体験を受けに来た方に、
無理にパーソナルトレーニングを
すすめることもありません。

同業者から見たら、
おかしいと思われるかも
知れませんが真実です。

その理由は、
他人に言われてはじめるのと
自分からはじめるとでは、
お客様の結果が変わってくる
と思っているからです。

 

もしも、何かをはじめようと
思ったら、あなたは自分の中
でいろいろと考えませんか?

 

そして、

期待、迷い、不安、、、
さまざまな気持ちが
交錯する中で、

「よしやってみよう!」
と、決心すると思います。

 

でも、他人に言われて
はじめたらいかがでしょうか?

なんとなく決心もつかないうちに、
相手に促されるがまま、
”YES”と言ってしまう方も
いらっしゃると思います。

 

もし、最初がこのような形だと、
自分の気持ちがかたまって
いないまま、スタートをきる
ことになりますよね。

トレーニングは、
ちょっとの期間だけでは
結果は出ませんし、
楽なことを行っていても
効果は望めません。

カラダを変えたかったら、
数ヶ月という期間が必要ですし、
肉体的にきついこともあります。

 

そのため、
さきほどのように他人に
促されて「なんとなく」
はじめたのでは、

やらされている感が強くなり、
途中でやめてしまう可能性も
高くなります。

 

パーソナルトレーニングを続け
理想のカラダを手に入れるためには、
最初にご自身で”決心する”必要が
あると、わたしは考えています。

ただし、すぐに決心がつく人は
少ないと思います。

 

まずは自分の中で考え、
疑問が浮かんだら、
問い合わせなどから、
実際に質問することを
おすすめします。

そして、
ある程度決心できたら
次は体験レッスンを
受けてみてください。

 

“他人”からでなく”自分”から

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。