無理なダイエットはこんなに危険

warning-sign-655244_640

昨年のものですが、
先日ある記事を見つけました。

なんの記事かというと、
女性オリンピック選手の
妊娠の記事です。

ここまで聞くと、
そんなに大した内容ではないと
感じるかもしれませんが、

実は彼女の妊娠の裏には
物語が隠されていました。

彼女は一時引退していましたが、
2010年、2年後のオリンピック
を目標に復帰。

オリンピック出場を目指して、
激しい練習と、10kgの減量に
挑みました。

その結果、体脂肪率は1桁台に
まで落ちたそうです。

しかし、その反動は大きく、
オリンピックがある2012年の初め、
生理が止まってしまいました。

病院で検査すると、女性ホルモンが
ほとんど出ていない状態だったそうです。

 

彼女はこのとき、

「引退後も子どもを
 産めないのではないか」

と悩んだそうです。

 

そんな状態ながら、
彼女はオリンピックで見事
金メダルを獲得。

 

現役を再度引退し、
体重を戻していきましたが、
女性ホルモンの値は低いまま。

薬で無理やり生理をおこしても、
自然には戻ってこなかったそうです。

不妊に悩んだ彼女は、

「もし子どもが出来なかったら、
 オリンピックを目指したことを
 後悔してしまう」

と思ったそうです。

そんな彼女、治療の結果、
男の子を授かったのです。

「自分はこの子に救われた」
と思うと彼女は語っています。

 

彼女のように、女性で体脂肪1桁は
並大抵の方法では到達できません。

ただし、無理なダイエット法で
体重を急激に落とせば、
カラダに悪影響が出るのは、
スポーツ選手ではない、
一般の人にも当てはまります。

自分のカラダと向き合い、
体重などの数字に惑わされず、
健康の第一にカラダつくり、
ボディメイクを行ってほしいものです。

後になって後悔しないためにも、
何を目標とするか、どうやってやるかは、
慎重に選んでくださいね。

 

今回はここまで

参考記事:http://www.asahi.com/articles/ASG797SKLG79UTQP02T.html