呼吸で体幹トレーニング

sky-114446_640

前回は体幹トレーニングの
必要性をお話しました。

詳しくはこちら↓
体幹のインナーマッスルを使う

 

今回は具体的に、
体幹のインナーマッスルを
使う方法をお伝えします。

 

体幹というと、
さまざまな筋肉があるので、
トレーニングのポイントも
たくさんあります。

 

ただし、全部意識して
トレーニングしようと
思うと難しいので、

「まずはこれ!」

といったポイントに
絞ってお伝えします。

 

その前に、、、

体幹トレーニングというと、
真っ先にどこを使うことを
イメージしますか?

 

おそらくお腹のあたりを
イメージすると思います。

 

メインとなるのは
お腹の部分なので、
間違いありません。

 

ただし、勘違いして
ほしくないのは、

お腹といっても、
腹筋運動で使う部分
ではありません。

もっと奥の部分を意識して
使っていただきたいのです。

 

ではどうやって
意識して使っていくのか?

 

次のステップで
行ってみてください。

——————————

1:膝を立てて仰向けにねる

2:腰の下に指先が入るくらいの
  スペースをつくり軽くアゴを引く

3:息を吸う

4:息を全て吐き出し
  おヘソの下辺りに力を入れる

5:3~4を5~10回繰り返す

——————————

※注意点

・息を吐いたとき、
 腰の下のスペースが
 つぶれないようにする

・肩の力を抜く

・息を吸ったとき
 腰が反らないようにする

 

息を吐いて、

「きついズボン履くときのように
 お腹を薄くする」

このようにすると、
お腹の奥の筋肉が使われます。

 

寝て意識できるようになったら、
座って、さらに立って行って
みてください。

 

まずは
「お腹の意識をつくる」。

 

複雑な体幹トレーニングを
行うよりも、ここから
はじめてみましょう。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。