食事を減らしても、、、

man-641691_640 

先日食事指導の際に、
「こんなに食べられて幸せ」
と感想をいただきました。

 

「お腹まわりが気になる」
「体重が増えてきた」

こんなとき、
まっさきに考えるのは
”食事を減らす”では
ないでしょうか?

 

たしかに食事を減らせば
脂肪が減りやせます。

 

ただし、
食事の減らし方によっては、
筋肉も大幅に減らしてしまい、

体力や基礎代謝がさがり、
リバウンドしやすくなって
しまう危険性もあります。

 

食事はカラダつくりの
ためには非常に重要です。

 

食事をそのままで
トレーニングだけで
カラダを変えようと思っても、

いたずらに時間や労力を
費やしたわりには、
そんなに変化は望めません。

 

食事を変えることで、
はじめて効果的な
カラダつくりが可能
となるのです。

 

しかし、
食事を変えるといっても、
ただ減らせばよいわけでは
ありません。

 

たとえ余分な脂肪を
減らしたい場合でも、
必要な栄養素は
充分にとる必要があります。

 

さらに、食事の量も、
減らせば減らすだけ
良いわけではなく、
カラダの状態を見ながら、
調整する必要があります。

 

最初のお話に出てきた方も、
食事で”ある栄養素”が
足りなかったので、
逆に食べるようにして
いただきました。

 

「以前よりも食べているのに、
 体脂肪が減って体調もよい」
とコメントを頂いております。

 

食事で

“何が足りていないのか、
何をとりすぎているのか”

 

お盆休みで、食べる機会も
多かったと思います。

お盆で増えた体重を戻すためにも、
食事を見なおしてみてくださいね。

 

今回はここまで