トレーニング効果を高める法則

censorship-610101_640

トレーニングには
いくつかの法則があります。

わたしたちパーソナルトレーナーが、
お客様のメニューをつくるさい、
元にしているのがこの法則です。

法則は、効果的なトレーニング
を行うためには必須です。

今からトレーニングを
始めようという方、

今までトレーニングしても、
効果を感じられなかった方。

効果の出るトレーニングを
選ぶために、これから
お伝えする法則を覚えてください。

 

今回お伝えする法則は
—————————–
過負荷の法則
—————————–
です。

過負荷の法則とは、
何かの能力を向上させたいなら、
今よりも強い負荷(過負荷)を
与える必要があるというものです。

 

例えば、脚の筋力を
アップさせたい場合。

 

トレーニングとして、
ウォーキングを選んだとして、
筋力アップすると思いますか?

 

ほとんどの人は、
筋力アップはのぞめません。

なぜなら、日常生活で
歩けているなら、
ウォーキングは過負荷
にはならないからです。

脚の筋力をアップさせるには、
歩く以上の負荷(過負荷)を、
脚に与える必要があります。

例えば重りを持って行う、
スクワットなどです。

【今よりも強い負荷を与える】

これが効果的なトレーニングを
行うポイントとなります。

特に筋力アップしたいなら、
【日常持たないような重りを使う】。

これが手っ取り早い方法です。

もちろん、重りを使わないで
筋力アップすることもできますが、
重りを使ったほうが効果を
出しやすいです。

 

カラダを動かすと、
トレーニングした
気にはなりますよね。

しかしそれが、
本当に効果的なトレーニングなのか?

日常生活以上の負荷を
しっかり与えているのか?

 

トレーニングを行っている方は、
もう一度見なおしてみてください。

 

では次回は、
トレーニング効果を出し続けるために、
覚えていて欲しい法則についてお話します。

最後までありがとうございました。