学びを止めない

book-912726_640

連休中、ピラティス関連の研修
に行ってきました。

講師は、以前わたしが
ピラティスの資格をとった際に
先生だった方です。

今回一番良かったのは、講師の方から、
ピラティスインストラクターではなく
”パーソナルトレーナー”として
お話が聞けた点です。

 

どういうことか?

「ピラティスは良いメソッドである、
でも、ピラティスだけで
すべてのニーズを満たせるわけではない」

 

この言葉に、講師の方の考えが
集約されていると思います。

 

体幹トレーニング、ピラティス、
ヨガ、ファンクショナルトレーニング、、、

さまざまなトレーニング法がありますが、
ひとつのトレーニング法ですべての
ニーズを満たせるわけではありません。

 

「わたしはピラティスインストラクター
だからピラティスしかしません」

そう思った瞬間に壁ができ、
自分の可能性を狭めてしまうだけでなく、
お客様の大切な時間を奪ってしまう
ことになります。

自分がメインで行っているもので
ニーズを満たせるとしても、
他の方法のほうが時間がかからないなら、
そちらをお客様に提供するべきです。

 

わたし自身、よいと思うものは
自分でまず実践し、効果を
感じたらお客様のトレーニング
に取り入れるようにしています。

「◯◯が最高!◯◯だけで大丈夫!」

そう思った瞬間に、
柔軟な視点を失うと思います。

お客様に最高のトレーニング
を提供する、そのために学びを止めない

この気持ちを大切にしていこうと
思った1日でした。

 

「◯◯だけで他は何もいらない」

この世に魔法のような万能な方法はありません。

そう言っている人は疑ってみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。