カラダの意識を変える

meditation-277889_640

さいたま市・上尾市で活動する
パーソナルトレーナーの宍戸です。

はじめに質問があります?

「はじめて自転車に乗れたとき
 のことを覚えていますか?」 

質問していてですが、
わたしは覚えていません。

他の方も同じように、
どうやって乗れるように
なったか分からないの
ではないでしょうか?

実は人間の行動のほとんどは、
無意識で行っています。

「靴をどちちから履いていますか?」
と言われてもわからないですよね。

これは無意識に行っているからです。

 

ただ、ここで考えて
欲しいことがあります。

もし無意識に、負担をかける
カラダの使い方をしていたら
どうでしょう?

負担がある一定量を越えると、
違和感や痛みとなります。

また、偏ったカラダの使い方は、
姿勢の崩れも引き起こします。

 

ただし、こういった”クセ”が、
自分で分かるかといえば、
気がつかないことが多いです。

わたしはトレーニングの最初に、
姿勢や動きをチェックします。

そして、チェックでカラダのクセを
お伝えすると驚かれる方が多いです。

 

いままで無意識に行っていたので、
気がつかないのは当たり前。

自分にそんなクセがあるなんて
分かりませんよね。

ただそのクセのせいで、
肩まわりや腰に負担をかけていたり、

姿勢の崩れを引き起こして
いる場合もあります。

こういったクセを改善するには、

クセを知る

カラダの意識を変える

この2つがスタートです。

いままで無意識に行っていたものを、
意識的に行うことで、コントロール
できるようになります。

でも、すぐできるかといえば、
時間が必要です。

今日行ったから明日できる
というものではありません。

 

ただし、意識して行っていくことで、
今度は新しいカラダの使い方が、
無意識でできるようになります。

 

まずはマイナスとなっている
クセを知ること。

次は、そこへ意識を向けて
動きを変えること。

このステップで、
カラダの使い方を
変えることができます。

 

姿勢が崩れてお腹の力が使えないと、
ポッコリお腹を引き起こします
(女性に多いです)。

スタイルアップのためにも、
カラダを使い方を変えることが
必要なのです。

 

カラダのクセは、
専門知識がないと分からないので、

姿勢や動きをチェックできる
パーソナルトレーナーなどを
利用してみてください。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。