健康産業の甘い誘惑

stop-863665_640

こんばんは。

さいたま市・上尾市で活動する
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

本日は半日お休みをいただいて、
勉強会に参加してきました。

 

講師は某プロ選手やメダリストを
指導している方です。

勉強会では、たくさんの
学びをえることができました。

その中で、ある言葉が印象的
だったのでご紹介します。

 

「栄養などはひとつの部分だけを
 ピックアップしていることが多い

 ただし、特別な効果がある
 食べ物はない」

これはわたしも同意見です。

 

例えば、

「◯◯がダイエットに効く」

という内容は、毎年のように
出ていますよね。

 

ただ、
本当に効果が高いなら、

毎年違うものが出るのは
おかしいですよね?

ダイエットといえば、バナナ、
トマト、納豆、サバとか
いろいろありましたよね。

テレビなどのメディアで
話題になると、スーパーから
その食品が消えていきました。

 

ただ、それでやせた人は
どれだけいたのでしょうか?

 

もちろんゼロではないと思いますが、
多くの人がやせたのなら、
こんなに新しいダイエット法を
必要とする人はいないはず。

 

毎年のように新しいダイエット法
が話題となり、それに飛びつく
人が多いのは、ダイエットに
失敗している人が多い証拠。

 

さきほどの食品には、
なんらかのダイエット効果
があるのでしょう。

ただし、その食品をとることで、
特別にやせることはありません。

 

メディアは、話題性のために
ある部分をピックアップして
取り上げることが多いです。

その背景には、
「楽に結果を得たい」
と思う、多くの人の共通心理を
うまく利用しています。

 

甘い言葉に惑わされないで下さい

 

わたしたちトレーナーは、
こういった誤解されやすい情報を、
しっかり見極められる専門知識を
持っておくべきです。

 

そのためには”学び”
重要となります。

 

お客さまへ結果の出るトレーニング
を提供するために、日々アンテナを
立てて学びを深める。

これがトレーナーの
役割だと思います。

 

今回の勉強会で、わたし自身も
さらに学びを深めようと思いました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。