カラダつくりのその先へ

ball-841176_640

 

こんばんは。

さいたま市・上尾市で活動する
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

パーソナルトレーニングを受ける方に、
最初にお話することがあります。

それは

「1回カラダをつくって
 そこで終わりではない」

ということです。

 

どういうことかというと、
たとえば3ヶ月トレーニングを
がんばって目標を達成したとしても、

その後何もしなければ、
カラダは元に戻ります

これって、
もったいないですよね?

せっかく労力、時間、
お金をかけたのに、

短い間だけカラダが変わっても
あまりうれしくないですよね。

せっかく引き締まったり、
体力がついたり、
楽に動けるようになったのなら、

 

”そのカラダを維持して欲しい”

それがわたしの願いです。

ただこの話を聞くと、

「ずっときついトレーニングを
 やり続けなくてはいけないの?」

と思うかもしれませんが、
そうではありません。

維持だけでよいのなら、
トレーニングの量は
減らしても大丈夫です。

たとえ週1回短い時間で
まとめてやるだけでも、
カラダはキープできるのです。

大きな丸い石があるのを
想像してください。

この石を転がそうと思ったとき
一番大変なのはどのときでしょうか?

答えは、
動きだすまで
です

大きな石は、最初は動かず、
本当に動くのかと思うときも
あるでしょう。

しかしそこであきらめずに
押し続けていくと、少しづつ
動き出しやがては転がり始めます。

転がってしまえば、あとは
少ない力で石は進みます。

これはカラダつくりも同じで、
最初は大変ですが、
いったんカラダが変われば、
あとは少ない労力でキープ
できます。

ただし、
トレーニングをやめると
カラダは元に戻り、

再び変えるには労力が
必要となります。

 

石も押さなくなれば、
止まってしまいますよね。

 

それをまた動かすのには
労力がいります。

同じですね。

”はじめが一番大変だが、
 そのあとは少ない労力でキープできる”

この事実を知っていただき、
カラダを変えて終わりではなく、
その先も考えてトレーニングを
はじめてくださいね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。