経験から伝えられるもの

gym-592899_640

こんばんは。

埼玉のさいたま市・上尾市で活動する
パーソナルトレーナーの宍戸です。

今回は、パーソナルトレーナーとして
わたしが大切だと思っていることを
書きます。

これからパーソナルトレーニング
を受けようと思っている方は、
パーソナルトレーナー選びの
基準になるのでぜひお読み下さい。

わたしが思うトレーナーとして
大切なことに、
自分自身がトレーニングしている
ことがあります。

これがなぜ大切かというと、
3つの理由があります

1つ目は【正しい見本】です。

いくら方法を知っていても、
トレーニングしていなかったら、
お客さまに見本を見せられません。

口ではどんなにうまく
説明できても、
いざやって見せたら

「あれ?」

そうなってしまったら、
説得力ないですよね。

しかも、間違った方法を
伝えてしまう可能性もあります。

わたしたちトレーナーは、
お客さまに正しい方法を
伝えるためにも、
日々トレーニングを続け、
動きを磨く必要があります。

 

2つ目は【言葉の深さ・幅】です。

自分でトレーニングしている人は、
経験から裏打ちされた説明ができます。

逆にトレーニングしていない人だと、
カラダの細かい動かし方・感覚など
がわからないため、薄っぺらい説明
になってしまいます。

そのような、本を読めば
分かるような説明だけでは、
パーソナルトレーニング
の価値が損なわれます。

薄っぺらい説明ではなく、
さらに一歩踏み込んだ説明を
行うには、自分がトレーニングし、
カラダで感じ、学ぶことが必要です。

自身の経験から生み出された
説明ができてこそ、

「今までのトレーニングと違う
 教えてもらえてよかった」

とお客さまの満足、さらに結果
にもつながると思います。

 

3つ目は【つらさの価値が分かる】です。

人は楽して結果を出したいと
思うものです。

しかし、残念ながら、
楽なトレーニングでは、
カラダは変わりません。

特にカラダを引き締めたい、
筋肉をつけたいといった場合、
ある程度のきつさを乗り越える
必要があります。

このことは、
本気でトレーニングを行い、
カラダを変えた経験がある
トレーナーなら実体験として
分かっています。

「きつさの先に理想のカラダ、
 新しい未来がある」

そう分かっているからこそ、
きついトレーニングメニューを
提供できるのです。

もちろん、
トレーニング経験がない
トレーナーだったとしても、
知識としてカラダが変わる
ことを知っているでしょう。

ただし、知識として
頭で分かっているのと、
実体験として頭とカラダで
分かっているのでは、
言葉の力が違います。

わたしたちトレーナーは、
お客さまへ新しい未来を提示し、
一緒にそこへ向かっていく職業です。

ただし、その未来がどんなに
頭で良いと分かっていても、
言葉の裏に強さを感じられなくては、
一歩踏み出せないこともあると思います。

お客さまが、新しい未来へ
一歩踏み出していただくためにも、
言葉の力は重要です。

 

 

最後に、、、

もしこれからパーソナルトレーニングを
どこかで受けようと思っている方は、
一度体験を受けることをおすすめします。

体験で、このトレーナーは、
トレーニングしているかを
チェックしてください。

正しいフォームは、
動きが洗練されているので、
素人目で見ても違いがわかります。

また、説明を受けてみて、
何か感じるものがあるかを
判断してください。

できれば、複数体験を受け、
比べてみることがおすすめです。

せっかくお金と時間を使って
トレーニングを受けるのですから、
納得してご自身を任せられる
パーソナルトレーナーを
選んでくださいね。

最後までありがとうございました。