パーソナルトレーナーを資格で選ばない③

male-719539_640

こんばんは。

埼玉のさいたま市・上尾市で活動する
パーソナルトレーナーの宍戸です。

前回はパーソナルトレーナーを
資格だけで選んではいけない、
3つの理由の2つ目をお伝えしました。

3つの理由とは、

———————————

1:ちょっとした研修とテストで
  簡単にとれてしまう

2:実技試験がないため、
  トレーナーが正しいやり方を
  見せられない

3:資格は自社が発行しているもので、
  研修が充分に行われていない

———————————

もちろんすべての資格が該当する
わけではありませんが、

上記のようなものもあるので、
資格だけで選ばないでくださいね。

では今回は3つ目です。

3『資格は自社が発行しているもので、
  研修が充分に行われていない』

パーソナルトレーナーには、
国家資格はありません。

そのため、自社で資格を発行し、
「●●認定トレーナー」と
うたっても問題はありません。

ただし、
このような民間資格の場合、
基準がないため、
トレーナーの知識量や技術など、
質の面で差が大きく出てきます。

例えば、あるところでは、
トレーナー未経験の人も採用し、
自社研修を1ヶ月行っただけで、
指導させているようです。

ただ知識を暗記するだけなら、
1ヶ月でも可能でしょう。

ただし、知識だけでは
お客様ひとりひとりに合った
指導ができるとは思えません。

その知識を使って、
お客様一人ひとりに合わせた
トレーニングを考え、

実際に教えられるように
なるには経験が必要です。

1ヶ月の経験では少なすぎます。

 

また、自社資格の場合、
取得して終わりの場合
もあるようです。

トレーナーの世界は、
ちょっと学んだだけで、
充分な知識が身につく
わけではありません。

学び続ける必要があります。

学び続けるという意味では、
資格によっては更新のために、
継続研修が必要なものもあります。

更新のために、研修を受けて
単位を習得しなくてはいけないので、
学び続ける必要があるのです。

わたしが持っている資格も
更新が必要なため、
研修を継続して受けています。

研修では、
新しい知識を学ぶことができ、
自分のスキルアップのための
よい機会となっています。

もちろん、自社でしっかりと
研修を行っているところも
ありますが、

自社以外の資格も持っている
トレーナーを選ばれたほうが、
知識が豊富な場合が多いと思います。

前回お話したように
知識がすべてではなく、
経験も必要です。

ただ、
効果の出るトレーニング
を提供するためには、
下地となる知識が必要です。

下地となる知識があった上で、
 指導経験も充分ある

こういったトレーナーを
選んでくださいね。

※トレーナーの経験については
前回のブログをお読みください↓
パーソナルトレーナーを資格で選ばない②

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。