5年後10年後を見すえて、、

hands-216982_640

こんばんは。

埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナーの宍戸です。

先日、

「10年前、今のカラダの状態を
 想像できただろうか?」

こんな思いが頭をよぎりました。

10年前といえば、
わたしは選手として、
現役で活躍していた時です。

1日2回の練習をこなし、
体力的に充実していました。

それから10年経って、
昔よりも体力が落ちたのは確かです。

10年前と同じような練習は
今はできません。

ただし、昔よりもすべてが
低下しているわけではなく、

向上したり維持できている
部分もあります。

体力の低下が少ないのは、
トレーナーという仕事がら、
トレーニングがライフワーク
となっているおかげです。

 

では、もしもわたしが
トレーナーでなかったら、、

おそらく今以上に体力が低下
していたことでしょう。

 

歳をとることは避けられません。

そして、歳を重ねるたびに
体力は下降線を下っていき、

「スタミナがなくなった」
「筋力がなくなった」
「カラダが硬くなった」

など、いろいろな変化が
出てきます。

 

ただ、5年後、10年後、
自分のカラダがどうなるかなど、
想像できる人はいないと思います。

わたしのように仕事がら
トレーニングする機会があればよいのですが、

カラダを動かす機会が少ない現代、
意識的にトレーニングしていかなくては、
カラダは弱る一方です。

5年後、今できていたことが
きつくなっていたらいやですよね?

10年後、できなくなっていたら、、、、

 

5年後10年後を見据えて、
ぜひトレーニングしていって
欲しいと思います。

では何をすればよいのか?

ウォーキングやストレッチなど、
軽めの運動と思うかもしれませんが、
それではダメです。

歳を重ねるごとに、
筋肉が特に落ちていくので、
筋トレを行って下さい。

5年後、10年後も動ける
カラダをつくるには、

土台となる筋肉を
筋トレでしっかりつくり、
キープしていってくださいね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。