敗者に学ぶ

book-840647_640

 

こんばんは。

埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナーの宍戸です。

日曜日に、むかし海外で一緒に
練習していた選手の試合がありました。

彼は元々はわたしと同じ競技の選手で、
わたしが海外で優勝したときに、
別のクラスで優勝しました。

「優勝賞金で親にテレビを
 買ってあげるんだ」

と喜んでいたのを、
今でも覚えています。

その後彼は別な競技へ転向。

転向後頭角を現し、
アメリカでビッグタイトルを獲得。

5年近くトップをキープし
続けてきました。

そんな絶対的な強さを
誇っていた彼は昨日負けました。

試合が終わり、
タオルで顔を隠し涙する姿に、
見ていたわたしにも、
彼の悔しさが伝わってくる
ようでした。

ずっとトップを走り続けるには、
かなりプレッシャーがあったはず。

そんなプレッシャーを乗り越え、
練習を続け、勝ち続けてきた
彼の精神力はよほどの強さだと
思います。

試合後、マイクを向けられた彼は
タオルを取り、凛とした面持ちで
気丈に答えていました。

そして最後に、
祖国で応援してくれた人々に
御礼のコメント。

彼らしいと思いました。

 

世紀の一戦と言われたこの試合で、
彼は負けました。

しかし、彼の目は次へ向けて
輝きを失っていませんでした。

 

結果に関係なく、
 その経験から何を学び次に活かせるか

これが大切だとわたしは思います。

 

「何でもかんでもうまくいっている!」

そんな人はいないか、
もしいたとしても、
“ただチャレンジしていないだけ”
だと思います。

失敗を恐れずチャレンジし、
思うように結果が出なかったとしても、
そこから学びまたチャレンジする。

一回り強くなった彼の試合が
再び見れることを楽しみにしています。

わたしも彼に負けないように、
チャレンジしていきます!

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。