やろうと思ってもできない方へ

sport-927760_640

こんばんは。

埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

本日お客さんとの会話の中で、
”すばらしい”と思ったことが
あったのでシェアします。

この方は、
前回うまくできなかった
エクササイズがありました。

目的の筋肉を使っている感覚がなく、
うまく動けない状態でした。

このような場合、他の方法で
意識できるようにしていくのですが、

最終的に、「かすかに意識できる」
ようになりました。

それから一週間後。

前回と同じエクササイズを行ったら、
別人のように動けていました。

ビックリしたわたしは、
このようにお伝えしました。

わたし:
「○○さん、前回と別人のようですね」

お客さん:
「実は毎日ちょっとずつ練習していたんですよ」

だからかとわたしは納得しました。

さらに詳しくお話を聞くと、
生活のある場面で練習すると
決めて行っていたそうです。

これは非常に大切なことです。

やろうやろうと思っていても、
やらない人がほとんどだと
思います。

ではどうすれば実践することが
できるのか?

生活のある場面で行うよう
決めれば、それはやがて
習慣化されていきます。

「駅で電車を待っているときに、、、」
「台所で洗い物をしているときに、、、」
「寝る前に、、、」
「お風呂に入っているとき、、、」

いろいろな場面があると思いますが、
まずは【いつやるか】を決めてください。

また、簡単なものから行うのも、
とっかかりのハードルを下げるので
おすすめです。

簡単なエクササイズや、
立ち姿勢を気をつけるなど、

1日5分でいいので、
何かを生活の一場面で
行ってみてください。

ちょっとしたことの積み重ねが、
やがて大きな結果になります。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。