ゆがみの原因

こんばんは。

埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

今回は
『ゆがみの原因』
についてです。

今日は最初にチェックして
いただきたいのですが、

鏡の前に立って、
左右の腰骨の上に手をおいて
みてください。

「左右の高さ同じでしたか?」

高さが違っている方が
多いと思います。

また、違いがあった方は、
くびれにも左右差がある
と思います。

全く左右が同じという方は
いないのですが、

左右差が大きくなると、
カラダの一部に負担がかかったり、
見た目がアンバランスになります。

カラダに負担をかけないためにも、
見た目をよくするためにも
左右差=ゆがみを改善する必要
があります。

では何がゆがみの原因と
なっているのでしょうか?

ゆがみの原因は、
カラダの使い方】です。

 

偏ったカラダの使い方を
していると、カラダには
ゆがみが生じていきます。

たとえば、

・同じ側ばかり脚を組んでいたり

・立つときに、片足に体重を
 かけることが多かったり

・歩くときに内股になっていたり

いろいろありますが、
偏ったカラダの使い方が、
ゆがみを生じさせます。

まずは自分のカラダの状態を
把握した上で、何がゆがみを
引き起こしているのか、

カラダの使い方のクセを知る
ことが重要です。skull-778073_640

このクセが分からないと、
整体などにいくら通いつめても、
カラダはすぐに戻ってしまいます。

では次回は、
『ゆがみを根本から改善する方法』
をお伝えします。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。