ゆがみを根本から改善する方法

 

 

こんばんは。

埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

今回は
『ゆがみを根本から改善する方法』
についてです。

今回の話の前に、
前回の復習です。

カラダにゆがみが生じ、
左右差が大きくなると、

腰や膝などの一部分に
負担がかかったり、
くびれに左右差が出たりなど、
見た目がアンバランスになる
とお話しました。

では、ゆがみの原因は
何だったか覚えていますか?

カラダの使い方】でしたね。

偏ったカラダの使い方を
しているとゆがみが生じて
いきます。

そして、ゆがみを生んでいる
”カラダの使い方のクセ”
を知らないと、

整体などにいくら通いつめても、
”クセ”は改善されないので、
ゆがみはすぐに戻ってしまいます。

 

ここから今回のテーマです。

では、
ゆがみを根本から改善するには、
何が必要だと思いますか?

ここまで読んで、
気づいたかもしれませんが、

ゆがみを生んでいる、
カラダの使い方のクセ
を変えることが必要です。

詳しく書いていきます。

たとえば、左脚に体重を
かけて立つことが多く、

これが骨盤のゆがみの
原因になっている方は、
両脚に体重をかけて
立つようにします。

こう書くと簡単に感じますよね?

ただし、これだけでは
なかなか改善されません。

なぜなら、
何かの理由があって、
そのクセが生まれている
からです。

さきほどの例で言うと、
左脚に体重をかけるのは、
むかし右脚をケガしたことが
理由になっているかもしれません。

「痛みを避けるために左脚に
 体重をかけていたら、
 ケガが治った後もそのクセが
 残ってしまった」

こんな状態かもしれません。

また、

「右脚はケガで筋肉が
 弱くなっている」

これも理由かもしれません。

このように、ゆがみを生む
クセが何かわかっても、

そのクセの理由をさらに
みつける必要があるのです。

クセの理由がわかれば、
あとは改善するだけです。

たとえば、先程の例ですと、
右脚の筋力を強化しつつ、
両脚に体重をかける
エクササイズを行えばいいのです。

カラダの偏った使い方は、
筋力や柔軟性不足、
などが理由の場合があります。

これらを改善しながら、
さらにカラダに正しい動き
を覚えさせることが、
ゆがみを根本的に改善する方法です。

他人の手でゆがみを改善して
もらっても、動きのクセまでは
改善してもらえません。

動きを改善する唯一の方法は、

筋力や柔軟性を改善しつつ、
 自ら動いてカラダに覚えさせること

です。

つまり、運動しなければ
変わらないのです。

ゆがみを改善して、
痛みや違和感のない
見た目にもバランスの
良いカラダをつくりたい方は、
ぜひ運動してくださいね!

どんな運動が必要かは、
人によって異なります。

まずは姿勢や動きを分析できる
トレーナーなどの専門家に
相談してみてくださいね。

※ちなみにわたしもチェック
 できますので、興味ある方は
 ご相談下さい

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。