糖質制限ダイエットは危険?

pasta-514893_640

こんばんは。

埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

今回のテーマは、
『糖質制限ダイエットは危険?』
です。

糖質制限ダイエットの
第一人者がなくなったことが
いま話題になっていますよね。

この方の死と糖質制限に
どのくらいの因果関係
があるかは分かりません。

 

ただし、

「糖質を極端に減らせば、
 カラダに負担をかける」

ことは事実です。

 

「糖質はタンパク質や脂質からも
 つくられるので、糖質を制限
 しても大丈夫」

というのが、糖質制限ダイエット
の考えです。

これは人間に備わっている、
糖新生】というはたらきです。

ただし、本来糖質として摂取する
ものを別のものからつくっているので、
糖新生が起きるのは、カラダにとって
普通の状態ではありません。

人間が生きていくのに
一番大切なのは“”です。

脳は全身の司令塔であり、
脳がはたらかなくなれば、
すべての機能が停止します。

そのため、エネルギー源が不足すると、
カラダは筋肉や脂肪を分解して、
脳のエネルギーを優先的につくり
だそうとします。

余分な脂肪が減ってくれるのなら
うれしいのですが、筋肉や内臓など、
生きる上で大切なものまで壊して
エネルギー源にされたら、
健康にはマイナスの影響が出てきます。

糖質、タンパク質、脂質。

これらは三大栄養素とよばれ、
エネルギーを生むはたらきがあります。

この中で、糖質や脂肪は
よく悪者にされますが、
この2つだって大切な栄養素です。

ダイエットには食事を
変えることが効果的ですが、

必要な量をキープしつつ、
余分な分を減らすことで
健康的に体重を減らす
ことができます。

糖質制限は体重が落ちるのが
早いので(特に最初のころ)、
体重を減らしたい方には、
とても魅力的だと思います。

ただし、

「極端に糖質を減らす」

これはカラダに負担をかけるので、
絶対にやめてくださいね。

「余分な分を減らす」

このくらいにしましょう。

ちなみに糖質はどのくらい
とればいいのかは、
その人の体格やどんな生活
を送っているかで変わるので、
詳しくは書きません。

どうせやせるなら健康的に!

ダイエット法の中には、
カラダを壊すようなやり方も
存在しますので気をつけてくださいね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。