有酸素運動よりも筋トレ?(ダイエット編)

 runner-405773_640

 

こんばんは。
 
埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

今回のテーマは、
『有酸素運動よりも筋トレ?(ダイエット編)』
です。

前回はランニングについて
お話しました。

そして最後に、

「もし忙しくて運動時間が
 とれないなら、
 ランニングやウォーキング
 などの有酸素運動よりも、
 筋トレをおすすめします」

とお伝えしました。

今回は、
その理由についてお話します。

これからランニングをはじめようと
している方の多くは、ダイエットや
健康維持が目的だと思います。

ダイエットや健康維持というと、
有酸素運動のほうが効果的だと
考えていると思いますが、、、

実は、有酸素運動よりも、
筋トレのほうが有効なのです。

 

まずダイエットから説明します。

有酸素運動といえば、
脂肪を効率よく燃やす運動”だと、
聞いたことがあるのと思います。

確かに、運動している時間
だけをみると有酸素のほうが
脂肪を使います。

ただし、運動後までみて
いくと結果は違ってきます。

トレーニングの専門用語に
EPOC】というものがあります。

EPOCとは、運動後に
カロリー消費量が多くなる状態
のことで、長いと2時間ほど続きます。

(研究によっては10時間
 続いたという報告もあります)

このEPOCをキープする
効果的な運動が何かというと、

有酸素運動ではなく
”筋トレ”なのです。

くわえて、
筋トレで筋肉をつけることで、
基礎代謝の向上と、
活動量が増えることも期待できます。

こういった面からも、
筋トレはダイエットに有効なんです。

もちろん、ダイエットのためには、
筋トレと有酸素運動を両方やった
ほうがよいです。

(ただし有酸素運動はやり過ぎ注意です)

しかし、両方やると時間
がかかりますよね?

時間がなくて
どちらかひとつ選ぶなら、
筋トレを行うことを
おすすめします!

では次は、健康維持についてです。

健康維持のために
歩いている方が多いですが、
その前にまずは筋トレです。

その理由は、、、

長くなったので
次回お話します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。