小尻にする方法

zen-865022_640

こんばんは。
  
埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

今回は
『小尻にする方法』
についてお話していきます。

年齢を重ねていくうちに
ヒップラインが気になってくる
女性が多いと思います。

「ぺたんこに見えるのがイヤ」
「下がってきたのが気になる」

いろいろあると思いますが、
”横に張り出して大きく見える”
のが気になる方っていますよね。

こういった状態だと、
上半身はやせていても、
下半身だけ太ってみえて
しまいます。

では、どうして
横に張り出して大きく
見えるのでしょうか?

実はこの状態は、
骨盤のゆがみと関係しています。

骨盤は一つの骨ではなく、
大きく分けて3つの骨から
つくられています。

真ん中の仙骨、
左右一つづつの寛骨
で3つです。

3つの骨でできているため、
ある程度動きがあります。

たとえば、
骨盤が締まりの位置にあると、
骨盤上部はカラダの中心に
引き寄せられます。

反対に、
骨盤がゆるみの位置にあると、
骨盤上部は外側に開いていきます。

さきほどの、
お尻が横に張り出して
大きく見えるのは、
骨盤の上部が開いて
しまったからです。

骨盤が開いてしまった状態は、
前から見たヒップラインが
四角形となり、くびれも
なくなってしまいます。

この場合、
骨盤を引き締めれば、
ヒップラインが四角形から
台形になるので、

お尻が小さく見え、
くびれもできます。

具体的には、骨盤を締める
インナーマッスルを、
きちんと使えるように
エクササイズしていく
必要があります。

これをやらずに、
ヒップアップのトレーニング
をがんばっても、
効果はなかなか現れません。

それどころか、
がんばりすぎて
お尻の筋肉がつき、
よけい大きく見えることも、、、

カラダを変えるには、
正しい方法があります。

どうしてこの状態に
なってしまったのか?

その原因を把握した上で、
必要なエクササイズを
行っていけばカラダは変わります!

ただ闇雲にやればよいという
わけではないんです。

ちなみにお尻が大きく見えるのは、
骨盤だけでなく、股関節も関係
している場合があります。

この関係については、
別の機会にお伝えしていきます。

 
最後までお読みいただき、
誠にありがとうございました。