カラダの仕組みを理解する重要性

human-skeleton-163715_640

こんばんは。
  
埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

土・日は研修に行ってきました。

今年は、
トレーナーとしてさらに
レベルアップする年として、
毎月学びに行ってますが、

今回は栄養と生理学を
学んできました。

ところで、
栄養は分かると思いますが、
「生理学って何?」と
思ったかもしれませんね。

生理学とは、
カラダの機能(システム)
を学ぶ学問です。

たとえば病院で、
消化器系、循環器系、呼吸器系
ってありませんか?

あれは機能別に分けて
あるんです。

 

それで機能が分かると、
何がよいのかというと、、、、

【カラダの仕組み】に合った、
正しいアプローチができる
ようになります。

 

たとえば血圧が上がる理由と
聞かれたら何を思い浮かべます?

「塩分が多い食事?」

実は血圧が上がる理由は、
特別な病気を除けば、
大きく分けて3つほどあります。

その中には、
カラダが必要だから上げている
場合もあるんです。

しかしこのしくみを知らずに、
「血圧が高い=悪い」と
一方的に下げてしまったら、、、

答えは分かりますよね。

わたし自身、医療系の学校で
生理学を学びましたが、
今回の内容は、そこから
さらに一歩進んだ内容でした。

ちなみに、さきほどの血圧の話、
「血圧が高いほうが良い場合とは?」
と聞いても、答えられない
トレーナーがほとんどだと思います。

 

学びの機会を与えてくださった
講師と主催者の方へ感謝しております。

学んだことをお客さまの
健康のために活用していきます。

たずさわる方が、
今よりも健康で元気な
カラダになってくれたら
うれしい限りです!

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。