知識は未来の結果を変える

book-1176256_640

 

こんばんは。
  
埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

先日救急救命講習に参加してきました。

(心肺蘇生法やAEDの使い方などを
学ぶ講習です)

わたし自身、お客さまの体調を
トレーニング前に確認し、

トレーニング中の変化へも
注意を向けています。

 

ただし、運動はカラダに
何らかの負荷をかけるもの。

 

気をつけていても、
急に体調を崩す可能性は
ないとはいえません。

そのような万が一の事態へそなえて、
ほとんどんパーソナルトレーナー資格で、
救急救命の継続学習が義務づけられています。

万が一お客さまが倒れたとき、
そばにいるわたしたちトレーナーが
最初に救命措置を取れるかどうかで、
その後の結果が大きく変わります。

助かる命も、救命措置
知らないだけで、、、

「何をやっていいか
分かりませんでした」

では、人のカラダをあずかる身
としては無責任すぎますよね。

ただし、
知識があるかどうかで
結果が変わってくるのは、
パーソナルトレーナーの
仕事全般に言えることです。

 

たとえば、

「トレーナーの知識不足で、
効果的なトレーニングを
提供できなかったため、

お客さまに満足行く結果を
だすことができなかった」

こんなこともあるわけです。

さらに、

「カラダの変えることができても、
知識が誤っているため、
健康レベルを下げさせてしまった」

残念ですがこういうことも
事実としてあるのです。

————————————
学び続け、知識と技術を
ブラッシュアップすることで、
よりよいサービスをお客さまに提供する
————————————

この重要性を再確認できた
一日でした。

ちなみに救命措置は、できれば
使う機会に出会いたくはありませんがね。

そのためにも、お客さまの体調へ
しっかりと注意をはらっていきます。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。