何をやるかよりも大切なこと

physiotherapy-595529_640

こんばんは。
  
埼玉のさいたま市・上尾市で活動中の
パーソナルトレーナー宍戸です。

本屋さんにいくと、
エクササイズの本が
たくさんありますよね。

どれをやろうか迷うと思いますが、
ちょっと待ってください。

エクササイズで大切なのは、
何をやるのかではなく
なぜやるのか”です。

なぜやるのか、
つまり『考え方』が重要なのです。

たとえば、

「脚を細くしたいので
このエクササイズをやる」

では結果が出る可能性は低いです。

そうではなく、

「わたしの脚は股関節が○○で、
膝が▲▲なため、太ももの外の
筋肉を使い過ぎているから、
このエクササイズで他の筋肉を
使えるようにして細くしよう」

というのなら結果も自ずと
ついてきます。

何かエクササイズをはじめる前に、
まずカラダがどういう状態なのか
知ることが大切です。

その上で必要なエクササイズを選ぶ。

これが結果を出すための
ながれとなります。

 

ただしカラダの状態を知り、
必要なエクササイズを選ぶには、
カラダの本質(仕組み)を
理解していることが必要です。

この部分を自分で学ぼうとすると、
かなりの時間が必要です。

そのため、
パーソナルトレーナーなど、
専門家の力を借りることを
おすすめします。

 

ちなみにパーソナルトレーナーでも、
解剖学や生理学などカラダの仕組み
についての理解には差があります。

もしもパーソナルトレーニング
を受けようと思っているなら、
カラダの本質(仕組み)を
理解しているトレーナーに
教えてもらってくださいね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。