よい姿勢とは?

9187639898_ecedd2957a

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

「猫背が気になっているけど、
よい姿勢をとろうとすると
きつくてキープできない」

って方けっこう多いですよね。

姿勢が悪いと見た目のイメージが
悪くなるので、なんとかしたい
ところだと思います。

 

よい姿勢をキープできない理由として

・姿勢を維持する筋力がない
・筋肉が硬くなって縮んでいる
・筋肉が伸びてたるんでしまっている

など考えられますが、、、

それ以前によい姿勢が何かを、
イメージできていない場合が多いです。

もし「胸をはった姿勢」が
よい姿勢と思っているのなら
あなたも注意が必要です。

なぜなら胸をはることで
よい姿勢になることは
ほぼありえないからです。

 

まずはよい姿勢が何かを覚えてください。

 

よい姿勢=正しい姿勢とは

———————————-
見た目がよいだけでなく、
カラダに負担をかけない姿勢
———————————-

です。

具体的には解剖学的に
理想とされる姿勢を基準とします。

この姿勢は骨格ラインが整った状態です。

骨格は見た目をつくる土台。

骨格ラインが崩れていたら、
トレーニングで筋肉をつけても、
ダイエットで脂肪を落としても、
カラダはゆがんだままで
見た目はよくなりません。

骨格ラインが整うことで、
美しいボディラインのベースができ、
見た目も変わっていきます。

また、骨格ラインが整った状態は、
各関節がかみ合わせのよい位置にあります。

関節のかみ合わせが悪い位置だと、
負担がかかってしまいます。

そして、この負担が長期化すると、
違和感や痛みを引き起こします。

関節をよい位置にキープすることで
負担をなくし、違和感や痛みのない
快適なカラダをキープすることが
できるのです。

 

大切なのでもう一度書きます。

 

よい姿勢=正しい姿勢とは

———————————-
見た目がよいだけでなく、
カラダに負担をかけない姿勢
———————————-

これを是非覚えてくださいね。

 

では最初のほうで

「胸をはってもよい姿勢にはならない」

とお話しましたが、
どうしてだと思いますか?

次回お話しますので
考えておいてください。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。