ピラティスとヨガの違い その1

training

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

今回のテーマはピラティスとヨガ
についてです。

ピラティスとヨガは別物なのですが、
その違いはあまり知られていない
ように感じます。

 
わたし自身ピラティス
インストラクターですし、
 
某フィットネスクラブの
ヨガ系プログラムの研修を
受けた経験もあります。
  

その経験とトレーナーとしての視点から、
ピラティスとヨガについて、
効果の違いをお伝えしていきます。

ピラティスとヨガで一番の違いと
わたしが考えるのは『動き』です。

ピラティスは動きのある
エクササイズが多いですが、

ヨガは動かずにポーズを
キープすることが多いです。

姿勢改善のためには、
よい位置(よい姿勢)を
キープすることが効果的です。

この点から考えると
ヨガの各種ポーズや
ピラティスのニュートラルポジション
を維持することは姿勢改善には
非常に有効です。

でも、わたしたち人間は
必ず動きますよね?

いくら止まった状態で
よい姿勢をキープできても、

歩くなど動いて崩れて
しまっては意味が無いわけです。

では、動いても崩れない
ためにはどうすればよいと
思いますか?

答えは、
——————————
よい姿勢をキープしたまま、
手脚を大きく動かすこと
——————————
です。

もう少し詳しく説明すると、

俗にコアと呼ばれる体幹部を
安定させたまま、手脚を動かす
エクササイズが必要となります。

特にピラティスでは、
こういったエクササイズが
たくさんあります。

そのため、
静止した姿勢だけでなく、
動いても崩れないカラダを
つくるにはピラティスは効果的
です。

ただし、逆にヨガのほうが
効果的だと思う部分もあります。

詳しくは次回。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。