人体のシステムから見た○と☓『酵素編』

medication-233109_640

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。
 

お客さまから酵素について
聞かれることがあります。

テレビでも酵素のCMを
やってるので気になる方も
多いと思います。

酵素については、
さまざまな効果があるように
宣伝されていいますが、

本来、酵素を口から摂ると、
カラダの中でどのように
はたらくかをお伝えします。

最初に質問です。

わたしたち人間は、

魚を食べても、カラダの一部が
魚にはなりませんし、

牛肉を食べても牛には
なりませんよね。

「当たり前だよ」
と思うかもしれませんが、
それはなぜだと思いますか?

これは人体のシステムに
関係があります。

わたしたちは食事で
カラダに必要な栄養素を
取り入れています。

ただし取り込むためには
ルールがあります。

そのルールとは、
————————–
取り込める大きさまで、
食品を分解する
————————–
ことです。

この分解の過程を「消化」といいます。

たとえば、お米を食べても
そのままでは取り込まれず、

口や十二指腸、小腸を通過する間に、
ブドウ糖などにまで分解(消化)され
はじめて吸収されます。

先程の魚や牛肉の話も一緒。

口から入っても、
そのままでは取り込まれず、
アミノ酸や脂肪酸などに
分解されてはじめて吸収されます。

だから、口からとりれたものは、
そのままカラダの一部になること
はないんですね。

分解されてはじめて吸収されるし、

吸収されたものは、
エネルギーとして使ったり、
カラダで必要なものに
つくりかえられるのです。

では酵素はいかがでしょうか?

酵素の商品を見ると、
穀物や果実、海藻などの
天然由来とうたっているものが
多いですよね。

そういった植物の酵素が、
はたして人間にそのまま
使われると思いますか?

長くなったので次回お話します。

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。